« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

東京湾のフグ

今日は浦安からまるかつさんと一緒にフグ釣りです
東京湾のフグは今回で二度目です
前回は何が何だかわからずにやってツ抜けだったので
今回はカットウでの釣り方を教えてもらう積りの釣行でした

出船30分前になると船長から東京湾でのフグの釣り方のレクチャータイムが有り
頭の中は釣れるイメージが一杯になってました

ポイントに到着してまもなくレクチャー通りのことをやって1匹目をゲット
カットウ鈎に掛ったフグを見て何とも嬉しい気持ちで一杯です
このままの調子でじゃんじゃん釣れればよいのですが
そんなに思うとおりにいかないのが釣りなんですね
周りも人もそれほど釣れている人はいません
3匹目までは順調だったのにその後は移動の連続で当りもない時間が過ぎていくだけです
後半は根のきつい所を流していたので仕掛けもカットウもロストして
気持ちが萎えそうになるのですが今日は一日真面目に朝船長から聞いてきたことを思い出しながら
やっていました 2時を過ぎた頃に食いの立つ時間があって2匹追加
そのまま沖上がりの時間になってしまいました

  ショウサイフグ  5匹
  キス        2匹

 釣果は少なかったけれど今日はカットウでの釣り方を船長に教えてもったり
 まるかつさんにも聞きながら出来たので とても勉強になった釣行でした
 釣果よりも大きな収穫だった(今までフグ釣りに対してイメージが良くなかったし)
 これで単独でも近場でのフグ釣りにもいけるじゃない
 
 幻の赤い魚のお裾分けも頂いて夕飯のおかずはかなり贅沢メニューでした
 まるかつさん有り難う~~~ 
   


| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年9月26日 (火)

ワラサリベンジ

H18926

ボウズ日記を書いた後は釣れた日記を書いちゃいます
昨日chiiさんがワラサが爆釣だよっての書いてあるのを見て
思わず食いついちゃいました
私明日は休みですのメールを送ったら早速返事を頂いて
chiiさんの家から歩いてける金沢八景の船宿からの出船です
ポイントは久里浜到着まで雨は降っていないものの海はかなりの悪コンディション
着いてからいきなり掛ったよ~~って船長の興奮したアナウンス
嫌でも心気持ちが高ぶってきます
一つおいたchiiさんの相棒が竿を曲げてます
船中彼方此方で掛っている様子 私の竿もいきなり海に突っ込まれ
ドラグも緩んでいることを確認して手持ちで竿をゆっくりと巻き上げます

まるかつさんのブログに書かれていた
「強く引いた時は巻かないで竿を上げてためる。」
「重いだけのの時はどんどん巻く、でもポンピングはしない。」
「最後にハリスを手に取ると船下に入るので、その時は手繰らない。」
「魚は必ず回って船下から出てくるのでその時に締め上げる。」
これを思い出しながら巻いていたのに中間ぐらいまで来たときに
プッツンとハリスが切れてばれてしまいました

次には上手く海面まで上がってきてタモ入れ寸前にばれちゃいました
顔まで見たのに悔しい~~~~~~~~~~~~

私の朝一番のハイライトは此処まで 船中では船長が良い反応が出てきたよというと
直ぐに何処かで魚が掛っています
11時ごろになると雨も降り出して最悪のコンディションになるが魚の反応よいみたい
chiiさんも丁寧な巻上げで本命をゲットしてます
又このまま終わってしまうのかリベンジならず返り討ちかなって思ってきた頃
腹ごしらえでもなんてサンドイッチを口に入れてのんびりムードになった頃
かんこさん掛っているよってchiiさんが教えてくれて竿先を見ると掛ってます
今度こそ上げるぞと竿掛から竿をはずし巻き上げ開始 引いているから巻かないで溜める
重いから巻き上げるって頭で反芻しながらやってあと15mぐらいの時になんと後ろとお祭りです
後ろの方とのお祭りも解けて巻き上げてみるとまだ生態反応あります
慌てず騒がず落ち着いてとやっとビシが見えるとこまできて本命を揚げることが出来ました
かなりの強い引きに腕に力が入りません
休みたい所ですがまだ反応はあるというので続けます
その数分後に又掛り無事ゲット完全に腕はボロボロです
今日の久里浜は剣崎沖のような船の数はいませんでしたが何処の船も
良い釣果だったと思います
 
    ワラサ   2匹 3k弱  バラシ2匹

   大きなクーラ持っていないの今日は魚の尻尾がはみ出てしまって
   次のボーナスで大きめクーラー買っちゃおうかな・・・・・・・
   

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

釣れない日記でも書こうかな

9月16日
諸磯 光二丸 まーさん主催の仕立て
当初はリールシャクリのはずが中々人も集まらず
模様の良い ワラサとイナダ・タイ狙いとなりました
ワラサは船中0 二時間ほどでイナダ・タイの釣り物に変更
イナダは前日までは良い感じだったのに何故か船中1匹
タイも3匹が最高で私は20cmにも満たない可愛いタイが1匹 25㎝ほどのカワハギが1匹
お天気は良かったけど船長曰く潮が動いてないからな~~ですって

9月17日
松輪 若松丸 深場
ちょっとした臨時収入(正確にはへそくり??)が有ったので迷わず深場のリールを買っちゃいました
魂が入ると良いなって感じでワラサでごった返すなか若松丸は深場で出船です
船長とまるかつさんの親子の会話?? 私達も最近は通訳無しで船長に会話には
ついていけるようになりましたよ

ポイントについて直ぐにまるかつさんとKenさんいデカイアコウが上がりのを横目で見ながら
あんなの釣ってみたいんじゃって心で叫び声上げてました
その後初挑戦の美代ちゃんにもデカイアコウが ナンじゃ~~私だけ置いてけぼりかい
沖上がりまであと1時間ぐらいの時に私にも可愛いアコウが来てくれました
新しいリールにやっと魂が入ったぞと喜ぶことできたです

次回はデカイノを釣りたいな~~~~

9月20日
小坪 洋征丸からカツオ・メジ狙いで出船
チーム吉田と一緒です
メジ・カツオもこの日の前にはかなり良い模様が続いてます
出船6時なのに二名ほど遅れている様子
結局20分遅れで出発
真鶴近くまで1時間チョイのクルージング
釣り場に着くと船団が出来てます 小型のメジやカツオが上がっているのが見えます
ウキウキしながら私達にも同じように上がるだろうとこの時には思ってましたが
いざ始まると船中上がってきません
何投かした所で移動 船団も直ぐにばらけちゃって
この後はたま~に本命が上がるけれど
私には平ソーダが1本上がっただけで沈黙状態で
あとはナブラを探してクルージングの連続 よく眠れましたよ
船長も必死です 二時間も延長してくれましたが最後まで盛り上がることなく終了
初めて乗った洋征丸 とても感じの良い船長で申し訳ないですと最後まで
頭を下げっぱなし 船長が悪いわけではないのに釣りなんてこんなもんでしょう

9月23日
久里浜 平作丸 タチウオ・イナダ  チーム城南での仕立てです
台風14号が近づいている中の出船 風がかなり強いのでどうかなって思ってましたが
イナダのポイントでは かなりの船団が出来てます
籤で決まった右舳の二番目 今日のように荒れた日には
舳は嫌だななんて思っていたらそんなときに限って引いちゃうんだなこれって籤運悪いかも
イナダ釣りが始まっても私の竿は沈黙あまり釣れないんで1人ぼやきまくり
周りではポツポツと本命が 艫の方では結構出ているみたい
あ~~今日もやっちゃいますかボ・・ぼ・・・頭をかすめた頃後ろで
サバが上がってきた 私の竿も続いて当たりがこりゃあサバだなってんで
電動で早巻きしたらなんと待ちに待ったイナダです
最後にボウズ逃れました いやいやこの1匹嬉しかったな~~
釣れないかもしれないのでまるかつさんに私の分まで釣っておいてねなんて
図々しく頼んでおいたのですが
船から降りると船宿の方から釣れなかった方は持っていってと
イナダが人数分用意してくれていました
釣れた方は要らないよということでその分まで頂いてきました
本当は自分で釣って私は要りませんよって言ってみたかったな

早々タチウオの方は海が荒れてるし風は強いし
まるで当りもなくシマガツオが上がるくらいで
船中1匹
もっと海の良い日にじっくりやりたいですね
あ~~タチウオ食べたかったな~~~~~

4回分の釣行記でしたが限りなくボウズに近い釣果で消化不良では有りますが
釣り自体は楽しい仲間と一緒にワイワイガヤガヤと仕立ては楽しいやね
これだから釣りは辞められないです


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

ワラサに鬼

どちらも又ゲットならずでした

9月10日松輪より出船
朝の2時間はワラサ狙い
その後に鬼狙いです
メンバーはまるかつさん・とくさん・ほげたさん・makoちゃん・あけちゃんそれに私と6人
男女3人づつのトリプル釣りデートとでも申しましょうか
それにしては年齢が高いってか(いやいや私が平均年齢上げてます)
そんなことはどうでも良いことなのですが
ようは書くことがないんでこんなことしか書く事がないってことなんです
ワラサはご近所の船ではたま~~に掛ってファイとしているの見学してましたよ
我らの船には当たりさえ有りませんでした
私なんぞは飽きちゃって早く次に行こうぜって気持ちが満々
これでは釣れるものも釣れっこないですね
2時間経ったんでどうするって聞かれたんで一にも二もなく鬼~~~って
言ってました(何んてわがままなんでしょうね私)

鬼のポイントに行って直ぐに隣のまるかつさんに良型の鬼が早速あがってます
ずるい~~とか叫んでました
時間は刻々と過ぎて行きますが私の竿には
ユメカサゴの連続です
とくさんんも中型の鬼ゲット おめでとう~~と言いながらも
内心くそ~~なんてブツブツ・・・

女性人もmakoちゃんが良型のカンコゲットここでも又おめでとう~~って言いながら
私の名前が書いてあるだろうってブツブツ・・・・

ほげたさんも良型の初鬼ゲット おめでとう~~~って言いながら
私だって東京湾ではまだ良型釣ってないんだよ~~釣りたいんだってばと内心ブツブツ・・・

残った私とあけちゃん 釣ってないのは二人だけだねなんて言っていたのに
そのあけちゃもタモ~~って言っちゃって良型のカンコをゲット
何だよ裏切っちゃって良型釣ってないのは私だけじゃんあ~~もうブツブツ・・・

こそっと残り時間を見ればあと30分ほどもう諦めるかな~~~とは思いつつも
悔しいじゃないの残り時間まで真面目にやっちゃうよ
そしたらね今までとはチョイト違う良い当たり
でも鬼って感じではないけどあきらかに少しは大き目かも
ちょっと期待したけど上がったのは中型のカンコです
こんなもんだけどまあ良いってことにしようと自分に言い聞かせて
今日の釣りは終了でした

今日は男性人は鬼退治 女性人はカンコ退治

 釣果 カンコ    1匹
     ユメカサゴ 

本命が上がらなくっても楽しく釣りができれば良いんです
東京湾でデカ鬼釣りたい~~~~これ本音です


| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006年9月 6日 (水)

谷間ばかりに・・・

最近釣りに行っても谷間ばかりに当っているような気がします
これは自分が思っているだけで実は腕がないだけってのも自覚はしてます

今日は台風も通り過ぎて行ったようなので張り切って
八景までライト深場に行くことにしました
宿について申し込もうとしたら今日は深場は誰もいないし千葉まで行くから無理だよだって
でも釣りはしたいしどうするか悩んでいると横に来た釣り人が「フグはいないの?」って
思わず「行っちゃおうかな~~」って言っちゃいました

でもって大貫沖まで午前フグで出船です
宿の社長からカットウと仕掛けを頂いてそそくさと船に乗り込み仕度をしますが
さ~てと私フグは昨年外房で1回経験しただけ どんな風に釣るのか全く解りません
船長からレクチャーを受けてイメージだけは出来ました
早速釣り開始するも船長の言った通りにしても中々釣れないです
当たりはわかる時も解らない時も有りますが空合わせしても
本当に空でしかあがって来ないです
船長も釣っていたのでしばしやり方を見て再スタート
暫くして空合わせした時にブルブルと魚が乗りました
小型ですけどとても嬉しい1匹目です
その後は又沈黙の時間が続き もう飽きちゃってちょっと置き竿にして
腹ごしらえなんぞをしていると竿先がブルヌルしてます
あら掛っちゃったはと上げるとこれまた嬉しい2匹目
その後も今掛った時のラインのたるみ具合を同じにしてみると
なんとその後連続で上がってきます
終盤になると置き竿では掛らなくなったので又手持ちで
やって何匹か追加して沖上がりの時間です
東京湾の初フグ釣りって何だか良くわからないままに終わりました

 釣果  フグ  13匹

釣果的にはヒラメ・タチウオ(先週行ってます)とボウズが続いたので満足だけど
釣り方が解らないので消化不良です
餌ばかり取られてなんだかな~~です 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »