« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月23日 (木)

鬼退治

Img_0055
待ちに待った鬼退治の日です
土肥のとびしま丸まで行ってきました
往復かまちゃんに便乗させてもらっての釣行です
釣り場まで1時間40分ほどベッドでゆっくり睡眠とって行きます
船は結構色々といわれますがそれはそれは綺麗にしているので
気持ちよく船に乗れます

実釣開始しますが当たりが無いとずっと待っているのではなく直ぐに移動
2投目に船中1号の35㎝の鬼ゲット これで今日はボウズないと気が楽になりました
今日は潮が悪いとかで魚の食いはあまり良くなく船中次が中々上がってきません
そんな中2匹目は22~3cmだったでしょうか上がってきます
かなり暴れたのでちょっと期待したのに上がったらさっきよりもかなり小さかったんです
今日は左の艫でしたが右艫のbossさんと何度もお祭り御迷惑掛けちゃいました

狙う棚は90m前後から180mぐらいまです 外道も殆んどなく一番深い場所をやった時に
ノドクロが2匹 時間は過ぎるばかりです
沖上がりの時間が迫った最後の流しで
40㎝弱の鬼ゲットで最後を締めくくることが出来ました

  釣果  4匹(40㎝弱1 36cm1 22~3cm1 チビ鬼(リリース)) 
          小さめ鬼はおすそ分け
       ノドクロ 2匹はおすそ分け

 今日は潮が悪いと船長もぼやいていました 良いポイントに入ると
 多点掛けも夢じゃないみたいよ
 大型の鬼を退治するまではまだ何度も行きますよ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

連荘釣行です

18日土曜日
TLCのオフ会女性14名忠彦丸からタチウオ&温泉つき宴会
出船7時半 遅刻者もなく(二名ほど寝坊でキャンセル(笑))無事出船となりました
剣崎沖までなので40分ほどの時間お天気も良いしお喋りしながらあっという間に釣り場に到着
今回タチウオ初めての人がいたので船長より丁寧なレクチャーが有りました
皆さん真剣に聞いている姿は微笑ましかったですよ
いよいよ釣り場に入りますが既にタチウオ船団が出来てましたが
何処も上がっている様子は有りません
われわれの船も彼方此方動いてくれましたが
良いポイントに当らずやっと落ち着いたのはポイントに到着してから30分ほど経っていたでしょうか
90m~120mほど狙いますが餌を齧られません
暫くすると右舷艫のななちゃんが船中1匹目を上げました
魚はいるじゃん棚は何メートルって聞いてやってみますが中々当たりがありません
何度か上げてみると餌を齧られていたりします
諦めずにやっているときたきたタチウオが触っています
まだまだと思いながらも少しづつリールを巻き上げると敵も付いてきます
此処だって時に思いきり合わせをいいれるとガツンっと魚が掛ってくれました
その後は周りの人と喋ったりしなくちゃいけないので(??)置き竿にしてタチウオを掛けちゃいました
午前船ということで釣りの時間はあっという間
終わった見ればクーラーには5本のタチウオが入っていました
隣のやすたさんに教えなくてはいけなかったのですが
中々的確なアドバイスが出来ずにごめんなさいでした
14人中12名は本命挙げらましたあの短い時間では良い方だったと思います
その後の温泉&宴会も楽しくこんな釣りもまた楽しいと思った一日でした
  
  釣果   タチウオ  5本(1本)のみお持ち帰り後はお裾分け
        (クーラーには外道の鬼カサゴ・ショウサイフグも)


19日  飯岡 ヒラメ狙い

  Img_0051

  TLCミーティング打ち合わせのときに姉御からヒラメ11月中がいいよ
  との話が有り19日ならってことで行ってきました
 去年から何度となく乗っていますがいまだ飯岡ではヒラメの顔を見ることが出来てません
 何時かはきっと釣れると信じて今日も行ってきましたが出かける前は又ボウズだったらどうしよう
 釣れっこないんだよなと気持ちは後ろ向きでした
 現地に到着すると既に姉御は到着して右舷舳二番に席とっておいてくれました
 天気のせいでしょうか釣り人は思ったほど多くなく右も左も7人ほどでした
 ポイントまで1時間近く掛りましたが雨もまだ降ってはいませんがやはり走り出すと寒いです
 もう冬支度でよいですね
 いよいよ釣り場に到着して始めますが姉御から丁寧に鰯の付け方を昨年に引き続いて教えてもらいました
 そのおかげで今日は何度魚を上げ下げしてもズット元気な鰯でした
 1投目は何も起こらずに移動です 2投目ラインが船下に入ってしまったので棚を取り直し
 暫く置いておきます 何度か繰り返すうちにあら根掛りかしらって上げてみると重い
 魚かって聞かれてもいや~~重いんですと応えるしかないですがリールは巻けるので
 もしかしたら魚みたいと何とも頼りないことしか言えませんでしたが
 上がってきたのを見たら嬉しい~~~~ヒラメです しっかりとたも取りしてもらいましたが
 興奮して手が震えています とにかく嬉しい嬉しい清勝丸での初ヒラメゲットでした
 置き竿で釣れたので釣ったと言うよりも掛ってくれたというほうが正解です
 その後何度も移動を繰り返しますが場所によって錘も60号~100号まで使い分けてやっていました
 途中横流しのでやった時に鰯が暴れているのがわかり糸を送り込んだりチョイ上げたり
 しますが中々掛らずあ~~と思いここらで上げるかとあわせてみるとグイット竿が曲がってくれ
 無事に2匹目もゲット  それからさほど時間をおかずに先ほどと同じような状況になり
 これもまた時間はかかりましたが無事に3匹目を追加
 既に時間は11時を廻っていましたが最後の流しは20mのポイント
 当たりは有るのですがうまく掛ってくれずに鰯が齧られるばかり雨もだんだんと降ってくるし
 今日はカッパではなく防寒着なので雨水で腰から下は濡れて寒くってやる気はあるけど
 気持ちは集中力途切れ気味でした
 上がりますの船長の声にほっとして沖上がりとなりました

  釣果  ヒラメ  3匹(54㎝  38㎝2枚) 1枚はお裾分け

  釣れないからって諦めちゃあいけないですな 通わないと釣れないってことがわかりましたよ
  誘ってくれた姉御に感謝・感謝 あ~~楽しかった
 


  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

アマダイ・カワハギ

P1010025
P1010026

今日は小坪の守山丸からアマダイ・カワハギ狙いで行ってまいりました
守山丸はず~か~が常宿にしている船宿普段は漁師さんかな
7時に出船まずは江ノ島が見えるあたり60m~70mのところで狙います
初めのうちは餌は取られるけれども掛ってこないもちろん外道もきません
今期二度目前回は惨敗だったのでリベンジの積りそれに来月もあるから
予習とも言えるのかな
しかし昨日の風を思えば今日の風なんてたいしたことは無いけど
ウネリがあって釣りにくい後半のカワハギも思いやられるな~~
外道も来ないってことは魚がいるのか不安です
10時少し前頃になってやっと魚の当たりです
が小さいみたいだしアマダイの引きではないし
上がってきたのはカナガシラ・・・なんだよ・・・・
あ~~もうやになっちゃうななんて思った頃に
誘った後にいきなり当りましたこれは先ほどとは全く違います
上がってくるまで不安でしたがやっと本命のアマダイです
型は小さいけれど本命なのでやはり嬉しいです
この当たりのあと船長からカワハギに行こうかってことなので
竿やら仕掛けやら準備を整えます
この時で10時半釣り場も殆んど葉山沖でした
カワハギに変わって二投目くらいに誘い上げたところに
うまく本命が掛ってくれました
10分もしないうちに先ほどよりも大きめの本命ゲット
今日は思っていたよりもいいじゃんなんて思しましたが
そうはいかないのが釣りなんだよね
お決まりの釣れない時間が始まります
但し外道は釣れだしました
いらないってのに掛ってきちゃう
何時間やれば本命上がるんだろうって沖上がりに近い時間になって
やっと小型のカワハギ君登場です
その後は船長も頑張って彼方此方探ってくれますが
この日も結局これで沖上がりになっちゃった
中々うまいこといきませんは・・・・・

 釣果  アマダイ 1匹(24㎝)
      カワハギ 3匹 (23㎝ 20㎝ 15㎝鈎を飲んだので持ち帰りです)

 小坪の守山丸に初めて乗せてもらいましたが
 ここの船長も中々暖かみのある船長で女将さんも又味のある女将さんでした
 此処も癒し気の船宿ですね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

カワハギ 

Img_0048

今日は岩井の忠蔵から船を仕立てて行って来ました
岩井沖??
メンバーはまるかつさん・とくさん・チホリさん
海は凪いでました雨も昼頃から降るという天気予報でしたが
途中雨と雷直ぐに止んだのですが又雷と雨 そして11時頃には
カッパの中まで濡れるほどの豪雨で早上がりしました

朝6時出船釣り場は港を出て直ぐのところ
数投目に可愛い16㎝ほどの本命 
暫くして2匹目(これも可愛いサイズ)追加今日は調子がいいぞと思ったのものの
この後はキュウセンやらササノハベラやらトラギスと外道軍団の攻撃を受ける
このままかなと思った頃に良型20㎝から23㎝を3匹追加
餌のアサリがとられのがわかるのに掛けられなくって歯軋り
何度も移動を繰り返すうちに大小さまざまな4匹追加
11時ごろに豪雨となり集中力も途切れ上がりますかの声掛けに
一も二もなくハイと返事をし今日の釣りも終了となりました
先週に引き続いてのカワハギ釣りでしたが予行練習が効いたような気がします
もう一つ今日使った竿はまるかつさんから頂いた竿
当たりも良くわかり私にぴったりの竿と嬉しい結果でした

  釣果  カワハギ  9匹  お裾分け3匹
      (写真を写した後にクーラーにもう1匹有りました)

  餌が取れるのが解るのに掛けられないので今一課題が残った
  カワハギ釣りでした
  カワハギって何度やっても難しい~~~だけど面白い~~ 

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年11月 5日 (日)

今季初の肝狩り

Img_0046
Img_0042

本日はサンスポの大会 これに優勝すれば今月末のチャンピオンシップに出られるとか
私は来週もカワハギなので練習の積りで参加しました
港に着くと人が大勢いて何人の参加ですかと聞くと16艘300人の参加ですって
凄い大会なのねと人事みたいに思ってまあ今日はお祭りみたいなもんねと・・
3匹の重量を競うのでとにかく3匹は釣って下さいって船長やしょうご君からのお達しです
今日の椿丸は3艘で参加 片舷10人はいたと思います
常連さんとそのお連れさんが殆んど私の隣も平日乗り合いでご一緒した
魚屋の若い~~菅谷君です
準備中あれやこれやと話しながら仲乗りのしょうご君と冗談など言いながら
出船を待ちます
今日は練習だから釣れなくたっていいんです
あんなことやこんなことを試そうって
港から5分ほどの釣り場について早速投入するも初めは当たりも有りません
そのうち餌を取られるようになり魚がいることを確信しましたが
鈎掛りしてくれませんでしたが1時間もしないうちに1匹目の船中1号です
型は24㎝位の良型 とりあえずボウズなしって事で一安心
その後は外道のトラギスやらベラなどのお出ましでしたが
9時近くになって立て続けに2匹連釣し検量の権利を得ました(これも船中1号私にしては出来すぎだわ)
後は気楽に型を狙えば言い訳ねなんて欲が出てきちゃいましたよ
とはいってもそんなにうまくいく訳ないのよね
船長も今日は大会なので型の良いのが出るところを狙うので
数は出ませんよってお話です
時間も11時までと4時間の勝負 その後1匹追加
あと人流しぐらいの時にアンケートを書きながらちょいと置き竿にしたら
あらま竿がゴンゴンしているじゃないですか
まさかまさかのカワハギの置き竿スレ掛りの1匹追加
結局時間切れとなって沖上がり
椿丸1号船で検量の権利をもらったのは3名 
計ってみると1位898g 2位682g(多分) 3位私で678g(多分)確か二位とは4gの差でした
船毎の優勝者には沢山の商品が有りましたね
船での3位には盾とTシャツとタオル こんなこと初めてだわな
まあ驚いた今日はラッキ-な日だわとニヤニヤしてました

小坪港に参加した船全部が集合して表彰式 
各船の優勝者16名のうちの優勝者と二位の人が月末のサンスポチャンピオンシップに
出場です 椿丸1号船の優勝者は二位になったのでこの大会の出るのだそうで
まるかつさんと戦うんですね ちなみに早川さんという方です

 釣果  カワハギ 5枚
      外道色々リリース

 大会なんてものに初参加しました 面白いけど実釣時間が短くて
 チョイト消化不良なの 私商品よりももっと釣りしていたかった
 (なんて贅沢なこと言うんだって怒られそうだよね)

 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

行ってきましたアカカマス

 
Img_0040
昨年今頃まるかつさんからアカカマスに行かないかと誘われましたがカマスなんて思いもあり又他の釣りの誘いの方にのって行かなかったアカカマスに今年はどうやらこのアカカマス私が普段スーパで見かけているものとは
違うと言うことを知らされそれではどれほど違うものか知りたいということで行ってきましたよ

昨日11月3日は晴の特異日 暑くもなく寒くもなく釣りには絶好の日和
集合時間は早めに着いたので私とあられさんは一番乗りかと思いきやメンバー全員既に到着しており
私達が最後の到着皆さんの今日の釣りの思い入れの違いが良くわかりました

7時に出船ポイントまで20分くらい早速釣り開始します
いきなりまるかつさんが電動リールで巻き上げてます
私ときたら40mぐらいで何かがかかったので巻き上げると底にはペンペンが・・挙句に
隣のとしぼうまで巻き込んでしまいその上仕掛けまで持っていかれ初めか仕切り直しです
船中彼方此方で掛っている模様ですが私には当たりさえ訪れません
ぎゃあ~又私だけ乗り遅れちゃうのかい・・・・・・・・・・・・・
そうこうしているうちにやっと当たりがしかし餌を取られるだけで鈎に掛ってくれないです
何度もそんなことしてイライラしてきた頃にやっと1本本命のアカカマスの顔を見ることが出来ました
とにかく引きも面白いし上がった時の魚の大きさにナンじゃこの魚って一人騒ぎまくってました
その後暫くして当たりが有り当たりが有っても直ぐ上げるな一呼吸おいて合わせを入れるもう一度合わせを入れる最後にもう一度の合わせ都合3回合わせろのレクチャーを思い出してやったら
3匹は掛りませんでしたが丸々太った本命アカカマスの一荷(2匹)
1人興奮して盛り上がっていました
その後の流しで続けざまに3匹上げましたが
この時点でまだ10時頃ですがこれ以降はサバの邪魔と本命の当りは全くなく
アジも狙うものの全く釣れる気配すら有りません
結局そのまま沖上がりの時間でした
8名全員ボウズ無しのイライラはするけれど楽しい釣りでした

 釣果  アカカマス   6匹
      ノドクロ     2匹
      サバ      マサバ持ち帰り3匹  ゴマサバ1匹持ち帰り
               
 今日は魚の写真は写し忘れましたが料理の写真載せました
 天ぷら・炙り・アラの吸い物・塩焼き・〆サバ  
 スーパーで売っているカマスは干物しか見たこと無いし食べたことなかったですが
 アカカマスの炙りと吸い物に天ぷらそれに塩焼きとどれをとっても
 美味しく カマスのイメージが変わってしまいました
 あぶりの美味しさには驚きです 


| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »