« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

マルイカペアバトル

とくさんとペアを組んで参加してきました
こういった大会に参加するのは去年のサンスポのカワハギ以来です
参加商品が良いんだってと言うので(動機が不順なんです)渋るとくさんを説得して
行ってきましたが今日のマルイカはかなりご機嫌宜しくなかったようで
私が7杯とくさんが4杯と規定数の3杯は早い時間にクリアしましたが上位入賞には型がでないと無理なようです
結局前半には釣れていたのですが後半の1時間半はしゃくり続ける時間ばかりで良い型は出ませんでした
検量に出した3杯もすべてとくさんの釣った物でしたので私は何の役にも立たない結果となりました
しかし釣る人は釣るんですね
上位の方たちは3匹の合計が700g代 私達ペアは400g代

期待していた飛び賞にも恵まれずじゃんけん大会にも負け続け
頂いた商品は参加賞とレディス賞のシューズだけ
でもこういった大会ってお祭りみたいなもんだから仲間6組と参加して釣れた釣れないと一喜一憂
して楽しむのも結構面白いもんだなと思ってきました

持ち帰った7杯のイカとでこさんから頂いたマダコ(有り難うございます)と残っていたキンメとアコウで
今夜の夕食はかなりの豪華版になりました

メニュー  寿司(キンメ・アコウ・イカ・タコ) イカとタコのカルッパッチョ
       イカと大根の煮物 タコの酢の物 野菜サラダグレープフルーツ添え
       アコウのオリーブオイル焼き(野菜添え) ゴーヤーチャンプル(何故か食べたかった)
       朝取り枝豆

  こうやって書き出してみると量が多すぎじゃ~~~
 殆んど残ってしまい明日又食べます 

Img_0065
 

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2007年6月26日 (火)

欲張り2本立て

Img_0060

伊東は富戸の庄吉丸よりキンメ・アコウの欲張り2本立てで行ってきました
出船は3時と早い時間ですが横浜からだと2時間あれば楽に行けるので
伊東近辺も釣り場に選ぶのは良いのかもと思いました

ポイントまで約50分ちょっと眠りについた頃には到着
寝ぼけ眼で釣りの準備をし投入します
釣り人は私を含め同行のず~か~と4人です
席は右舷の艫 舳からの投入 艫からの巻上げとの支持
まずはキンメから狙います1投目から
舳の人がキンメをあげていますが私にもキンメが4匹といきなりの釣果に
今日はどうなるのかと思ったりもしましたがそうはいかないのが釣り
お馬鹿な私は2投目に入る前に仕掛けをグチャグチャにしてしまい直していたので
投入には間に合わずにお休み
3投目何も起こらずです
4投目当たりが有り上げてくると3匹のキンメです
型は新島のキンメに比べれば小さいけれど
キンメはキンメ嬉しくないはずは有りません

時間はまだ6時前ですがこの流しでキンメは終わりいよいよアコウ狙いに移動です

アコウに移ってから4投やりましたが1投から当たりが有り期待したのですが
赤い魚ではなく黒いトウジン嬉しくないです
3投まで何も起こらずに空の仕掛けが上がってきます
今日はこのまま終わり???かと思っていると
3投目のときに舳と舳2番の人が1kgから2kgほどの本命を2匹と5匹ボコボコト浮かせていました
目の前にプカプカ浮いた7匹のアコウは見事なもんです
これが提灯行列なのね 一度は私だってやってみたいなと

そして後の投入です 底に着き底立ち取った途端小さな当たり
でもさっきみたいに黒いのかもしれないので当ってますとは大声では言えませんでしたが
聞かれたので当りましたと言うと 
ラインを送っての支持に待ちますが上げての合図までの時間のもどかしいこと
上げて下さいの声が掛り600m以上出たラインの巻上げ時間の長いこと
途中2番の人とお祭りに魚ではなかったのかとがっくりでした
いよいよ竿を立てて海の中を覗きますが何も見えないで1本1本仕掛けを手繰ってみたらば
一番下の二本に小型(多分1kg位かな)のアコウがついてました
欲張った二つの本命の顔が見られて大満足な一日でした

駄目かなと思ったけれどやはり最後まで諦めてはいけないね
出船が早いので渋滞もなく昼過ぎには家に帰り着いて体もかなり楽な日でした
 


| | コメント (7)

2007年6月25日 (月)

最近の釣行記録です

6月の初めに西伊豆に行ったあと釣行記を書く気が起きなくほって有りました
とりあえず行った場所と釣果のお知らせです

 6月8(土) 日立久慈港弘漁丸 ムラソイ狙いにいくも本命はリリースサイズのみ釣れ他にはメバルが2匹
                    もう一度行きたいと願う釣果で有りました

9(土)松輪 若松丸   マルイカ・キスリレー仕立て マルイカ5杯 キス15 皆さんがマルイカやっている時に
               持ち込んだイワシを餌にカサゴを狙い良型のカサゴ3匹 
               色々やれて楽しめました

17(日)下田 番匠高宮丸  4月の半ばに行った新島のキンメを再度狙いに行きましょうと
                  結果は2匹(内1匹は2kg越え)でしたが味はやはり新島のトロキンメ
                  再々度行きたいと思っているのです

  22(金)太海 聡丸      前回太海のアジで作った開きがかなりの出来だったので
                  また食べたい・作りたいと行ってきました
                  Fサビキでアジ26匹 ムツ8匹   後半のマルイカは6杯
                  マルイカは30日の練習も兼ねているので真面目にやったのですが
                  相変わらず微妙な当たりとか良くわからないし
                  かかってもバラシたり 足だけ着いてきたりとなんとも消化不良になる釣りです
   
23(土)松輪 若松丸    マルイカの仕立て これも30日のマルイカバトルの練習です
                  規定数が二人で3杯と言うことなので3杯釣ったら魚釣りに変更と決めていたので                  すが朝のうちは乗りがよく(もちろんバラシは数多くでした)ツ抜けまでいけました
                  その後カサゴ釣りにしたのですが中々掛らず金色の良型メバル2匹カサゴ1匹
                  天気良くのんびりしながら楽しんできました

こうやって書くと相変わらずかなりの日数は行ってますhが去年よりは少し少なめですよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

西伊豆まで・・

Img_0329

息子の(釣りの世界での)ず~かに連れられて今日は行っちゃいました
目指すは宇久須の隣の港は安良里港 ふじなみ丸
狙いは喰わせサビキの五目釣り
初の釣り物・釣り方です
何が釣れるかは過去の釣果を見ると ヒラメ・マゴチ・鯛・マトウダイ・カサゴ・オニカサゴ・クロムツ
期待を胸に5時出船し5分もしないうちにポイントに到着です
釣り人は6人ず~か~は右舷舳私は胴の間に陣取り
いよいよ釣り開始
幹糸10号エダス8号のサビキとどんな大物が釣れても切られる心配のない仕掛けです
船長の出す支持棚でまずはイワシを釣り
イワシが掛ったら底まで落としてイワシを泳がせて当りを待つと言う
簡単な釣り方でした
今日はイワシがかかっても中々当たりが出ず食いが悪い日のようですが
1時間もしないうちに右舷と左舷の舳が同時ぐらいにマトウダイが上がり
嫌でも釣れそうな気持が高くなってきました

しかしそううまくいくはずもなくイワシがかかっても当たりが出ない
底に落としたいのにイワシがかからないなんて状況になってきました
そんな渋い中底に落とした途端飛びつかれるような当り
良い型のカサゴを掛けることに成功
30cmほどのソゲもゲット

そして今日のハイライト多分10時ごろになった頃
イワシがかからず腐っていたが仕掛けを巻き上げてみると
貴重なイワシが一番下に1匹掛っていたのでそのまま底まで落としてみると
底についた途端もぞもぞっとした後にいきなりガツンとした当り
巻き上げますが重たくって中々上がってきません
密かに巻いているときに船長から移動のアナウンスがあり
少し慌てましたがず~か~が気がついてくれて
隣でナンダなんだと 私ときたら多分ヒラメかもなんぞと言っちゃいましたが
船長の判断は鯛かもしれないと言います
コマセの鯛の引きとは違うもんと言いながら巻き上げてましたが
やっと上がってきた魚を見るとなんと船長の言ったとおり鯛でした
タモ入れも無事に済んで桶の中に納まった鯛はかなり大物(私にしたらですよ)
のオスでした(私にしたらですよ)

鯛を釣ったのは何年ぶりだろう 嬉しかったですよ
その後カサゴ・デカサバクロムツ追加で12時に終了
まだまだ何か釣れそ言うな雰囲気で一日楽しめました

  釣果  鯛(2.8kg)船宿では3kgになってました
       カサゴ 3匹(1匹ず~か~に)
       ソゲ(ず~か~に) 1匹
       クロムツ      1匹(上げるの忘れたよ)
       ゴマサバ     1匹
       サクラダイ    5匹(リリース)

  今日は竿もあれこれやってみましたが最終的にはライトいタックルが良いなと思い
  パラボライトの竿が一番しっくりとして釣りやすかったですね

夕食はカサゴをアクアッパッツァ・鯛は鯛飯・刺身・カルッパッチョ・中骨と胃袋白子皮と肝の煮付け

Img_0007

Img_0009


  


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »